幹細胞キャンペーン実施中! 9月30日まで!
ご予約はこちら RESERVATION

【神戸の美容外科】眼瞼下垂・代償期とは?たるみが発生しやすい人の特徴

【神戸の美容外科】美容で気になる眼瞼下垂と顔のたるみについて解説

神戸で美容外科をお探しならフォーシーズンズ美容皮膚科/美容外科へ。こちらでは、眼瞼下垂と顔のたるみについて考えていきます。眼瞼下垂では代償期というものに注意が必要であること、顔のたるみについては出やすい人の特徴をまとめてみました。

眼瞼下垂・代償期とは?

目元の治療例

眼瞼下垂は、文字通り、瞼(まぶた)が垂れ下がってしまう状態をいいます。まぶたが垂れ下がると、眼を開けた状態でもまぶたが眼にかかってしまい、視界を狭めてしまいます。

眼瞼下垂には先天性もありますが、ほとんどの場合は後天性です。後天性眼瞼下垂症の多くは、腱膜が原因です。まぶたには、眼瞼挙筋という筋肉があり、端に挙筋腱膜がついています。この健膜がゆるんだり、瞼板(眼をカバーしている部分)から外れたりして、まぶたが上がらなくなります。なぜ、こうした異常が起こるのかというと、主には加齢によるものです。その他、眼を擦りすぎることや、コンタクトレンズの間違った使用方法が原因となります。

以上のように、瞼板を持ち上げる健膜に異常が起こり、まぶたが上がらなくなることを眼瞼下垂症といいます。その中でも、眼瞼下垂症代償期といわれるものがあるのです。代償期は、本来眼瞼挙筋や健膜がするべき働きを別の筋肉が補っている(代償している)状態です。一見すれば、普通に眼が開いているので、眼瞼下垂であるとはわかりません。

見た目が正常であるため、自分では気がつかないことが多いものです。視界も普通に見えるのであればとくに問題ではないと考える人もいるかもしれません。しかし、無理をして保っている状態なので、様々な弊害は起こります。眼瞼下垂で悩まされる症状としては、視界や眼精疲労の問題だけではなく、肩こりや頭痛、不眠など多岐にわたります。日常生活に影響を与える不調であれば、初期の治療が必要です。

しかし、代償期では診断が遅れてしまう危険性があります。まぶたの上げ下げを補助しているのは、おでこの筋肉です。前頭筋といいます。前頭筋の作用は強く、眼瞼下垂だと気がついたときにはかなり重度で手術が難しい状態になってしまっていることがあります。簡単にセルフチェックをするのであれば、おでこのシワが深くなっていないか、おでこを押さえても眼を開けられるかを確認してみてください。シワが深い、押さえると眼が開きにくい場合は、受診をおすすめします。

もう少し踏み込んでチェックしたい場合は、スマホと定規を用意してください。鏡の前にたち、眼を閉じて眉の上に定規の端を当てて垂らします。このとき、なるべく額にちからをいれないようにし、目を開けたときに眉が上がらないよう指でしっかり押さえます。その状態で目を開け、スマホで瞳を正面にした写真を写しましょう。画面を確認し、瞳の中心からまぶたの縁までの長さを計ります。3.5mm以下なら眼瞼下垂の可能性が高いといえます。

顔がたるみやすい人の特徴とは?

ピラミッド施術

眼瞼下垂は、まぶたのゆるみです。ある程度加齢によって顔がたるむことは仕方ないでしょう。しかし、たるみやすい顔というものがあります。特徴を理解して、当てはまるようなら気を配る必要があります。

◆ 顔の形は丸顔が注意

顔の形としては、エラの発達が少ない丸顔や逆三角形、面長がたるみやすい形といえます。丸顔の人は脂肪が頬につきやすい傾向にあるため、頬が重みで垂れ下がり、たるみの目立ちやすい顔です。逆三角形と面長の人は、エラにある筋肉の発達が弱いため、たるみが出やすくなります。どちらも顎がほそく、頬のあたりがたるんでしまうと目立ってしまうのも気になるところです。

◆ 表情筋を使わない生活の人

たるみは筋力の衰えから始まります。普段の生活の中で、たとえばデスクワークのみで人と話す機会があまりない人は注意が必要です。営業職や接客業で笑顔になる機会が多い人や趣味でほぼ毎日カラオケをしている人などと比べると、表情筋は使われにくく、たるみやすいといえます。見逃しがちなのが、スマートフォンを長時間使用する人です。スマートフォンを見ているときは無表情なことが多いといわれています。

◆ 脂肪が多い人・むくみやすい人

脂肪が多いと、筋肉が衰えたときに支えられなくなって垂れてしまいます。また、むくみは、血行が悪いため起こるものですが、血流やリンパが滞っていると、新陳代謝が悪くなり、皮膚機能が低下してしまいます。それがたるみを引き起こす原因です。

たるみにお悩みでしたら、美容外科に相談するのがおすすめでしょう。神戸で美容外科をお探しならフォーシーズンズ美容皮膚科/美容外科にお気軽にご相談ください。

眼瞼下垂も顔のたるみも気になる場合は美容外科に相談を

眼瞼下垂はセルフチェックも可能ですが、専門知識のあるところで診断を仰ぐのが確実です。代償期の可能性があるようなら早めの相談をおすすめします。

また加齢やその他の理由で顔のたるみが気になるようなら、自身で表情筋を鍛える意識をもつことも大事です。そのうえで、美容外科のカウンセリングを利用して早めの対処を考えていくのがよいでしょう。神戸で美容外科をお探しならフォーシーズンズ美容皮膚科/美容外科にお気軽にご相談ください。

美容外科・美容整形に関するコラム

神戸の美容クリニックに通うならフォーシーズンズ美容皮膚科/美容外科へ

名前 フォーシーズンズ美容皮膚科/美容外科
住所 〒650-0001兵庫県神戸市中央区加納町6-6-1 金沢三宮ビル8F
院長 柏原 俊博 医師
TEL 078-321-1121
FAX 078-381-7341
定休日 年末年始
URL https://four-seasons.jp
診療科目
  • 美容皮膚科|美容外科
  • レーザー治療|医療脱毛
  • 肌再生医療|美容形成外科
  • 皮膚科|メディカルエステ
運営会社 フォーシーズンズ株式会社 代表取締役 米澤正人

フォーシーズンズ美容皮膚科クリニックについて

神戸 本院
住所 〒650-0001
兵庫県神戸市中央区加納町6-6-1
金沢三宮ビル8F
Google Mapへ
アクセス 三ノ宮各線から徒歩5分
電話番号 078-321-1121
HP https://four-seasons.jp/
営業時間
10:00~20:00
※祝日の場合でも営業時間同じ
※営業時間につきましてはクリニックへ直接お問い合わせください。
神戸 2号院
住所 〒650-0012
兵庫県神戸市中央区北長狭通1丁目20-13
北野坂壱番館7階
Google Mapへ
アクセス 三ノ宮各線から徒歩3分
電話番号 078-595-9606
HP https://four-seasons.jp/
営業時間
10:00~20:00
※祝日の場合でも営業時間同じ
※営業時間につきましてはクリニックへ直接お問い合わせください。
東京院
住所 〒105-0022
東京都港区海岸1-10-30
アトレ竹芝タワー棟3F
Google Mapへ
アクセス 浜松町駅から徒歩6分
竹芝駅から徒歩3分
電話番号 03-6803-4908
HP https://tokyo.four-seasons.jp/
営業時間
10:00~20:00
※祝日の場合でも営業時間同じ
※営業時間につきましてはクリニックへ直接お問い合わせください。