幹細胞キャンペーン実施中! 9月30日まで!
ご予約はこちら RESERVATION

【神戸の美容皮膚科クリニック】眼瞼下垂とは?たるみの原因

【神戸】眼瞼下垂やお肌のたるみについて!原因や対処法&症状など詳しく解説

神戸の美容皮膚科クリニック探しにお困りの方は必見です。まぶたが下がって見えにくくなる状態のことを眼瞼下垂(がんけんかすい)といいます。見えにくいだけでなく、頭痛や肩こりの原因になったり、常に眠たそうに見られたりなどの症状が確認されています。今回は眼瞼下垂やたるみの原因、対処法などについてお話していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

眼瞼下垂とは?

目元の幹細胞治療

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、まぶたが通常の位置より垂れ下がってしまい目が開けづらくなるような状態のことをいいます。まぶたを引き上げる構造に異常が発生し、まぶたを上げたくても上げることができなくなってしまう病気です。

◆ 眼瞼下垂の主な症状

物が見えにくくなる、肩こりや頭痛の原因、疲れやすくなる、特に上方の視野が狭いなど

命に関わるほどの大きな病気というわけではありませんが、頭痛や肩こりなど日常に差し支える症状もありますので、眼瞼下垂でお悩みの方は眼瞼下垂の知識をしっかりと蓄えて、治療に踏み切るかどうかを考えてみてください。

◆ 3つの種類

眼瞼下垂は大きく分けて3つに分類することができます。状態によって治療方法も変わってくるのでご自身の眼瞼下垂がどの種類に分類されるのか、しっかりと確認することが大切です。

・生まれつきの眼瞼下垂
眼瞼下垂の方の中に「生まれつき眼瞼下垂だった」という方がいらっしゃいます。生まれつきの眼瞼下垂のほとんどが「単純性眼瞼下垂」と呼ばれ、まぶたを上げる筋肉がうまく発達せず、硬くて伸びにくい線維組織が多く混じっている状態のことをいいます。

中には生まれつき片側の目だけが眼瞼下垂という患者さんもいらっしゃいます。その場合は弱視を生じる可能性があるため、厳重な経過観察や、時には手術が必要になるケースもあります。

・大人になってから発症する眼瞼下垂
「気づいたら眼瞼下垂になっていた」という方がいらっしゃいます。眼瞼下垂は大人になってから突然発症することがあるのです。原因としてはそのほとんどが加齢の影響だといわれています。

また、ハードコンタクトを長年つけている方や眼を開ける器具を使って眼の手術を行った方の中にも眼瞼下垂を発症したという方がいらっしゃいます。

・偽眼瞼下垂
眼瞼下垂によく似た偽眼瞼下垂(にせがんけんかすい)と呼ばれる症状があります。

まぶた自体はしっかりと開くけど、皮がたるんでしまったり、眼が凹んでしまってまぶたが下がって見えたりする状態のことをいいます。筋肉や腱自体には問題がなく、治療はそれぞれの原因に沿って行われます。

◆ 眼瞼下垂のチェック方法

ここからは眼瞼下垂かどうかをチェックする方法をご紹介していきます「眼瞼下垂かもしれないな」とお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

・軽症の場合
日常生活に問題はないけど、何だかまぶたが重く感じる、二重の幅が広くなった

・中等症の場合
信号などを確認するときに見上げる必要がある、眼の上が窪み出した、肩こりや頭痛が酷くなった

・重症の場合
眼がちゃんと開かない、テープなどを使わないと開かない、手を使ってまぶたを上げるときがある

上記のチェック方法はあくまでも簡易的なものですので、心配な方や気になる方は一度病院に行って相談してみてください。

治療前に把握しよう!たるみの原因と対処法

顔の幹細胞治療

重力に肌が負けて下がってきてしまうことで起こる「たるみ」に悩まされている方も少なくないのではないでしょうか。

年を取るごとにどんどんと気になってくるものでもあるので、気になり始めたタイミングでしっかりとケアすることが大切です。

◆ たるみの原因

たるみを予防するためにも、たるみの原因をしっかりと把握しておくことが大切です。

・お肌の乾燥によるたるみ
お肌が乾燥して水分量が少なくなってしまうと、お肌の表面の弾力やハリが失われてしまいます。その結果、お肌のたるみが生じてしまいます。

・紫外線によるたるみ
紫外線の中でも特に波長の長いUVAは、バネのような役割を果たしているコラーゲンやエラスチンを破壊してしまいます。その結果お肌のバネがなくなってしまい、たるみが生じてしまいます。

・表情筋の衰えによるたるみ
表情筋が衰えてくると、お肌をしっかりと支えられなくなり、たるみが生じてしまいます。表情筋が衰える主な原因は加齢によるものですが、日頃から表情の変化が乏しい方なども表情筋が衰えてしまう可能性があるため注意が必要です。

・活性酸素によるたるみ
身体の内側にもたるみの原因が潜んでいます。ウイルスなどから身体を守ってくれる活性酸素ですが、コラーゲンなどにダメージを与えてしまうこともあり、「肌のサビ」とも呼ばれています。

・生活習慣によるたるみ
栄養バランスの乱れや睡眠不足、喫煙などの生活習慣が乱れるとたるみの原因になってしまいます。必要な栄養素がお肌に行き届かなくなってしまったり、喫煙によってお肌のビタミンCが破壊されてしまったりなど、生活習慣の乱れはお肌に大きなダメージを与えてしまいます。

◆ たるみの対処方法

紫外線や表情筋の衰え、生活習慣の乱れによるたるみは自分で対処・予防することができます。

・紫外線対策を行う
紫外線対策を習慣にしてしまうことで、お肌のたるみを予防することができます。日焼け止めや日傘、帽子などを使用して徹底的に紫外線対策を行いましょう。

・表情筋を動かす
日頃から表情筋を動かす意識を持つことでたるみを予防することができます。その他にもマッサージやローラーを使用してお肌を活性化させることで、お肌にハリや弾力が生まれ、たるみを予防することができるので、ぜひ習慣的に行ってみてください。

・生活習慣を整える
生活習慣の乱れはお肌や身体に悪影響を与えてしまいます。生活習慣は自分自身で整えることができることなので、お肌のためにもぜひ意識をして生活習慣を整えてみてください。

・プロに頼む
お肌のたるみのケアなどは、日々の努力の積み重ねが大切になります。しかし「自分の力だけじゃ難しい」という方もいらっしゃいます。そうしたときはプロの手を頼ってみてください。

眼瞼下垂や顔のたるみはプロに相談しよう

今回は眼瞼下垂や顔のたるみについてお話しました。眼瞼下垂かどうかはご自身でチェックすることもできますが、治療は病院でしか行うことができません。ネットで情報を得るだけで満足せず、しっかりとお医者さんに相談することが大切です。

また顔のたるみもご自身で予防や対処ができますが、症状が酷い方はプロに頼むのも一つの手です。
フォーシーズンズ美容皮膚科/美容外科ではそれぞれの患者様のお悩みに寄り添って施術を行っています。お悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

美容外科・美容整形に関するコラム

神戸で美容皮膚科クリニックをお探しならフォーシーズンズ美容皮膚科/美容外科へ

名前 フォーシーズンズ美容皮膚科/美容外科
住所 〒650-0001兵庫県神戸市中央区加納町6-6-1 金沢三宮ビル8F
院長 柏原 俊博 医師
TEL 078-321-1121
FAX 078-381-7341
定休日 年末年始
URL https://four-seasons.jp
診療科目
  • 美容皮膚科|美容外科
  • レーザー治療|医療脱毛
  • 肌再生医療|美容形成外科
  • 皮膚科|メディカルエステ
運営会社 フォーシーズンズ株式会社 代表取締役 米澤正人

フォーシーズンズ美容皮膚科クリニックについて

神戸 本院
住所 〒650-0001
兵庫県神戸市中央区加納町6-6-1
金沢三宮ビル8F
Google Mapへ
アクセス 三ノ宮各線から徒歩5分
電話番号 078-321-1121
HP https://four-seasons.jp/
営業時間
10:00~20:00
※祝日の場合でも営業時間同じ
※営業時間につきましてはクリニックへ直接お問い合わせください。
神戸 2号院
住所 〒650-0012
兵庫県神戸市中央区北長狭通1丁目20-13
北野坂壱番館7階
Google Mapへ
アクセス 三ノ宮各線から徒歩3分
電話番号 078-595-9606
HP https://four-seasons.jp/
営業時間
10:00~20:00
※祝日の場合でも営業時間同じ
※営業時間につきましてはクリニックへ直接お問い合わせください。
東京院
住所 〒105-0022
東京都港区海岸1-10-30
アトレ竹芝タワー棟3F
Google Mapへ
アクセス 浜松町駅から徒歩6分
竹芝駅から徒歩3分
電話番号 03-6803-4908
HP https://tokyo.four-seasons.jp/
営業時間
10:00~20:00
※祝日の場合でも営業時間同じ
※営業時間につきましてはクリニックへ直接お問い合わせください。