【肌の再生医療】覚えてほしい2つの効果(幹細胞治療・PRP皮膚再生療法)

肌再生医療の2つ効果(幹細胞治療・PRP皮膚再生療法)


1.抗老化

肌再生医療(幹細胞治療・PRP皮膚再生療法)によりお肌の老化を改善できます。
つまり老化の速度を遅らせることにつながります。

 

2.若返り

肌の弾力や潤いを生み出す線維芽細胞を増やし、活性化させる治療のため、肌の老化現象の原因である線維芽細胞の減少や働きの低下を改善することにより根本から若返るため、くま・しわ・たるみを改善することができます。

フォーシーズンズ美容皮膚科クリニックの肌の再生医療(幹細胞治療・PRP皮膚再生療法)


幹細胞治療ではあなた自身の肌の細胞を専用の施設で増殖・培養し、あなたの皮膚から抽出した線維芽細胞(肌細胞)を、老化の気になる部分に移植します。

年齢と共に減少・衰退していく肌細胞の数を補充することで、

肌質を根本から若返らせ、しわやたるみ、目の下のくまを改善させます。

そして、移植した肌細胞は消えることがなく、長期的に見ても老化速度を遅らせることができます。

目の下のクマやほうれい線、しわやたるみの改善だけではなく、長期的に老化を予防する効果もあることで、多くの方にご満足いただいています。

 

さらにPRP皮膚再生療法にて、増えた肌細胞を血小板の成長因子などの働きにより活性化させお肌の老化がより改善される効果が向上します。
幹細胞治療とPRP皮膚再生療法を組み合わせること、自身の細胞を保管して、数年ごとに再注することでお肌の状態を若い状態に戻し、老化のスピードをゆっくりとすることができます。

それが肌再生医療の大きなメリットです。

 

*症例写真*

詳細は、肌再生医療https://four-seasons.jp/saisei/