クリニックイメージ
幹細胞治療バナー

幹細胞治療は肌を細胞から若返らさせる事が実現できるアンチエイジング法で肌再生医療・幹細胞治療といいます。 人が生まれた時は幹細胞が3億個あり、年齢と共に減少していきます。 肌年齢の若返りの為に先進医療による、自身の元気な幹細胞を培養し何万倍に増殖させて幹細胞注射で幹細胞移植(再注入)することによって、幹細胞を自身の細胞に定着をさせ細胞分裂を実現し日に日にお肌の若返りが実現出来るのです。 それによって皮膚の根本治療「肌年齢の若返り」が出来、若き頃の自分自身に生まれ変わるのです。

幹細胞化粧品・幹細胞コスメなど広告でよく見かけますが他の死んだ状態のヒト由来幹細胞美容液(培養液)や植物由来幹細胞美容液(エキス)などでは細胞を注入もぜずただ肌表皮に塗るだけでは吸収もされません。生きた状態の自己幹細胞でない為に医学的根拠もなく若返ることはあり得ません。 自身の元気な幹細胞を培養し、幹細胞を注入することによって、根本的な皮膚再生により肌年齢の若返りが実現しオールマイティーな美肌効果が実現出来るのです。

肌再生イメージ

当院は、医療産業都市で先端医療技術の国際的な研究開発拠点である神戸という立地を生かしつつ、院内の再生医療・美容皮膚科(皮膚再生療法)・美容外科(レーザー治療)・美容整形(輪郭形成)・皮膚科など全ての診療科目分野から総合的に診断し、あなたに合った根本治療(肌再生)と輪郭形成術を実現します。

アンチエイジングが目指すものは、人の成長が止まった後、見た目の老化現象とともに急激に落ちていく体のエイジング曲線の角度を少しでも緩やかにしていこうというものです。
60才で到達してしまうと言われる体の劣化を80歳以上まで引き延ばすことができれば、「老化」のスピードを抑えたことになるわけです。
逆から見ると、80才なっても60才程度の劣化にとどまっていることは、20歳も若さを保っているといえるでしょう。

アンチエイジングに欠かせない重要な要因としては、普段の生活における、食事・睡眠・運動・美容・ストレスなどのクオリティーの向上が挙げられます。
しかし、それだけではどうしてもエイジングを補いきれない部分があるのも否定できません。
そこで、先進医療による肌再生医療という、エイジングに対する違ったアプローチが必要となってきます。
そのような違ったアプローチとして、現在の先進再生医療には、自身の元気な幹細胞だけを培養して再注入する「幹細胞療法」と、血小板を注入する「PRP皮膚再生療法」という、大きく2つの方法が代表的な肌再生医療として確立されています。

細胞は、分裂を繰り返してその系統を存続させますが、実際には多細胞生物の細胞は無限に分裂を繰り返すわけではありません。これは、普通は個体の寿命が有限であるからです。
しかし、一部の細胞を取り出して培養した場合、この制約はなくなります。
このような方法で、無限に分裂を繰り返して系統を維持できそうな細胞を増やし、再びお肌に戻すのが幹細胞治療です。

スキンケアや医学的治療により、外部から皮膚そのものをケアし、肌を若返らせることは、「時計自体を逆戻りさせる」ことに当たります。
当院では、アンチエイジングとは「時計の針を少し戻して、その進みを遅らせること」と考えています。

アンチエイジングの豆知識

肌再生・幹細胞治療とは

自己幹細胞採集→幹細胞培養→幹細胞(注入)→アンチエイジング(肌年齢の若返り)

  • 【肌再生医療って何?】

    赤ちゃんや10代の肌は、幹細胞でピチピチです。
    年を重ねる毎に肌年齢(幹細胞の減少)による老化肌でお肌の締まり、シワ、たるみ、目の下のクマ、目のたるみ、ほうれい線などが増え皮膚が薄くなりハリ、肌艶もなくなります。

    理由は簡単です。
    肌の幹細胞の数が減って、細胞レベルの元気さがなくなってくるからです。
    幹細胞治療では、自身の元気な幹肌細胞を増殖して、細胞が減って元気がなくなった部分に元気な幹細胞を戻します。

    肌構造
  • 【再生医療で若返る仕組み】

    肌の構造は簡単に言うと、3層に分かれています。
    表面から表皮→真皮→皮下組織と構成されており、その3層の中には肌細胞、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンが詰まっています。

    コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチン・・・皆さんも聞いたことあるはずです。
    若さを保つために、このコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンが肌に働きかけてくれるのです。

    そして、もっとも重要なのが、この3つの成分を作ってくれる肌細胞です。
    この肌細胞へのアプローチとして考えられたのが、再生医療です。

    老化の進みにくい耳の後ろから、若さの根源である肌細胞を採取し、10000倍に増殖・培養させ、若い時のように元気な細胞をたくさん作ります。
    そして、作った細胞を自分の肌に戻します。
    すると、昔のように元気になった細胞が栄養素をたくさん作り、結果的に細胞レベルで肌が若返っていくわけです。

    また、若返った細胞はとても元気なわけですから、老化の進行を抑える作用もあります。

    つまり、再生医療は本当に根本的な治療なのです。

【マイナス196℃のタイムカプセルで細胞を保管】

細胞保管サービスは、患者様の健康な肌細胞を、マイナス196℃のタイムカプセルで保管します。
肌細胞を冷凍保存しておくことによって、今まで越えられなかった時間という壁を乗り越え、例えば20年後に20代の頃の肌細胞を補充するといった、最先端の肌細胞補充療法を受けることが可能になるのです。
言い換えれば、未来の自分へのプレゼントなのですね。

採取した皮膚から、肌細胞(真皮線維芽細胞)の種となる「幹細胞」を60本程度保管しておくことができます。(以前からある、従来のスタンダードなプランです。)
肌細胞を移植する際に、1ccにつき1本の保管幹細胞を使用して肌細胞を培養します。
肌細胞は、細胞を培養している機関で半永久的に冷凍保存しておけます。

皮膚再生医療は一回きりで終わりではありません。
若くて元気な状態の細胞を保存することが可能なため、培養した5年後、10年後などでも、移植したい時にいつでも、保存しておいた細胞を肌に移植することが可能です。

セルバンク
通常保管プラン

ステップ1

自身の肌細胞でも数少ない一番元気な真皮線維芽細胞だけを採取。

細胞抽出

ステップ2

採取した自身の元気な線維芽細胞を何千倍にも培養する(1cc辺り1億個以上~)。

ステップ3

自身の培養された若き頃の最も一番元気な真皮線維芽細胞(幹細胞)を、あなたの気になる部位や顔全体に水光注射とマイクロカニューレで移植します。
施術後3ヶ月程経ってから目に見える効果出てきます。
お肌の再生後は、若い頃の引き締まった美肌に変身します。また、ダウンタイムもほぼ無く、施術後、誰にも気付かれません。

細胞移植の流れ

※ステップ4

ご希望により輪郭形成のカウンセリングもいたします。

輪郭形成と脂肪溶解注射(メソセラピー)、輪郭形成注射、ヒアルロン酸注入、ボトックス注射、エラボトックス 、スレッドリフト、リードファイン、金の糸、水光注射、LDM照射など様々な方法で、患者様個人個人に合ったプロのデザインによるプロの医師による施術方法で小顔矯正、輪郭形成を実現します。
また、再生医療、幹細胞導入、PRP皮膚再生療法などの肌の若返りからフェースアップ、たるみ、シワ、シミ、毛穴改善、顔引き締め、顔痩せ、顔のたるみ解消などトータルにお肌の根本改善をします。

幹細胞治療とPRP皮膚再生療法の最新の「ダブル再生療法」をベースにまずはあなたのお顔全体の肌再生(細胞からアンチエイジング)をし、その効果で若返らせ、若い頃の自然な輪郭に蘇らせます。
※幹細胞再生医療のみの施術も可能

培養で出来た「自己の元気な幹細胞」だけをお肌に注入し、細胞再生療法によって半永久的な持続で毛穴改善、にきび跡改善、毛穴開きを治し、ニキビ跡クレーター改善、目の下のクマ、法令線、たるみリフトアップ、お肌の引き締め、ちりめんシワなどオールマイティーに除去及び改善し、根本治療の結果によって得た若き頃の透明感のある美肌・美形美人に繋がります。

整形による肌を切ったりせず自分のDNAを変えず最大限に自分自身の美を引き出します。

お肌の再生後は若き頃の引き締まった美肌に変身します。(※ダウンタイムもほぼなく施術後、誰にも気付かれません)


更にあなたがそれ以上に輪郭形成がしたいと望む方には 「プロの最新デザイン力でカウンセラーと医師とのコラボ」で安心出来る失敗のない輪郭形成施術も可能です。

フォーシーズンズは再生デザインクリニックとしてお顔の輪郭、特にデザインを重視し、最先端をいく「最新の再生医療美容とあなたに合った最高ののデザイン」で、あなた自身が納得のいく「美形美肌美人」をお届けします。

フォーシーズンズ美容皮膚科は、肌細胞の再生医療において兵庫県で唯一、再生医療第2種として厚生労働省から認可され 皆様ご期待のお肌の幹細胞治療で肌再生医療の治療ができます。

  • お顔の若返り、アンチエイジングにお肌の根本治療

    自身の元気な細胞のみを収集し、何千倍に培養め増殖させ、顔や首に水光注射で200ショット以上注入する最先端の皮膚再生アンチエイジング法です。

    皮膚細胞の老化を改善することによって顔や首全体の若返り、シワ、タルミ、毛穴、締まり、引き上げなど根本治療ができます。

  • フォーシーズンズ美容皮膚科の認可(厚生労働省)

    再生医療第二種
    自家培養真皮繊維芽細胞移植術

    再生医療第三種
    PRP(多血小板血漿Platelet Rich Plasma)を用いた皮膚の再生を目的とした再生医療

    再生医療第三種
    PRP(多血小板血漿Platelet Rich Plasma)を用いた育毛を目的とした再生医療

顔全体に幹細胞注入

  • ・ お顔全体~お首

各部位に幹細胞注入

  • ・ しわ(額、眉間、目の周囲、目の間、唇の周囲、頬、首など)
  • ・ たるみ(上まぶた、目の下、下あごなど)
  • ・ くぼみ(眉の上、まぶた、目の下、目頭など)
  • ・ ゴルゴ線、ほうれい線、マリオネットライン
  • ・ 広がった毛穴
  • ・ ホワイトスキンロール(赤唇の 取りをしている皮膚)
  • ・ 手の甲
  • ・ ニキビ跡

加齢とともに出てきたものであれば、特に部位に制限なく治療を行うことができます。
身体の中でも最も皮膚の薄い目の周囲の治療(目頭、涙堂、上まぶた)は、特に改善効果が得られやすいです。

メスを使って切ったり、化学的な薬品での施術と違い、顔かたちが変わったりして失敗する事が全くなく安心できる肌再生医療です。
幹細胞注入後、1年〜2年〜3年とゆっくりとお肌が若き頃のように若返り、お顔全体に半永久的ともいえるアンチエイジング効果が期待出来る肌再生医療です。
つまり、細胞から肌年齢が若返り、オールマイティーなアンチエイジング効果が期待できる根本治療です。

肌再生効果の一例

肌再生効果の一例
  • オールマイティーな肌年齢の若返り
  • フェイスアップ効果
  • お顔全体の引き締め
  • お顔全体の引き上げ
  • 毛穴改善
  • ちりめんシワ
  • ニキビ跡
  • クレーター
  • 老化による窪み
  • しわ、たるみ
  • 目の下のクマ
  • 目の下のくぼみ
  • 目元のたるみ
  • 目尻のシワ・たるみ
  • ほうれい線
  • マリオネットライン
  • 首のシワ・たるみ
  • 肌年齢の若返り

など、細胞単位で改善効果が期待できます。

感染症に羅漢している方は、細胞だけではなく感染しているウイルスそのものを増殖させてしまったり、他の方に感染させてしまったりする可能性がありますので、治療を受けていただくことができません。
ご了承くださいませ。

1. 幹細胞治療コース

施術内容 幹細胞治療
施術手順
  1. 血液検査
  2. 皮膚採集
  3. 幹細胞培養(5週間)
  4. 幹細胞注入(2〜3回)
通院回数 4~5回

2. 幹細胞治療 + PRP皮膚再生療法

施術内容 幹細胞治療・PRP皮膚再生療法
施術手順
  1. 血液検査
  2. 皮膚採集
  3. 幹細胞培養(5週間)
  4. 幹細胞注入(2〜3回)
  5. PRP血小板注入 1クール(3回)
通院回数 7~8回

3. 幹細胞治療 + PRP皮膚再生療法 + LDM超音波治療

施術内容 幹細胞治療・PRP皮膚再生療法・LDM照射
施術手順
  1. 血液検査
  2. 皮膚採集
  3. 幹細胞培養(5週間)
  4. 幹細胞注入 1クール(2~3回) + LDM照射(8回)
  5. PRP血小板注入 1クール(3回)
通院回数 9~11回

4. 幹細胞治療 + PRP皮膚再生療法 + LDM照射+フォトフェイシャル(IPL)

※若返りとシミ・肝斑・くすみ肌・美白も同時に治療

施術内容 幹細胞治療・PRP皮膚再生療法・LDM照射・フォトフェイシャル照射
施術手順
  1. 血液検査
  2. 皮膚採集
  3. 幹細胞培養(5週間)
  4. 幹細胞注入 1クール(2~3回) + LDM照射(8回)
  5. PRP血小板注入 1クール(3回)
  6. フォトフェイシャル 1クール(6回)
通院回数 13~15回

フォーシーズンズ美容皮膚科クリニックの肌再生移植技術

ご自身の細胞をいくら培養・増殖させても、それをお肌に戻し、定着させる技術がないと何もなりません。
また、「綺麗になるためには痛みを伴うもの」「若返るためには我慢も必要」などと苦痛を心配する必要もありません。
フォーシーズンズ美容皮膚科の再生医療専門技術の幹細胞(繊維芽細胞移植)には、こだわりがあります。
繊維芽細胞移植は、経験豊富な医師が部位によって針を使い分け、有効に定着率を上げて若返りを図ります。
ゆえに「やって良かった」と実感して頂ける再生医療をお届けできるのです。
詳しくお知りになりたい方は、下のリンクよりどうぞ。

フォーシーズンズ美容皮膚科クリニックの肌再生移植技術

2019年7月 フォーシーズンズ美容皮膚科 新店舗増設オープン予定!

フォーシーズンズ 美容皮膚科土日祝日営業のお知らせ

フォーシーズンズ 美容皮膚科クリニック コンセプト

交通費3万円まで負担キャンペーン

フォーシーズンズ 美容皮膚科クリニック 有名医師在籍

現職
  • 医療法人社団修医会 理事長グループ統括院長
  • 日本臨床再生医療学会 理事長
  • 国際抗老化再生医療学会 理事
  • 日本臨床医学発毛協会 理事
  • 国際伝統医学教育研究振興機構 理事
  • 日本理学療法研究会 代表顧問
  • がんの家族をすくう会 代表
  • 21世紀医療を学える会 代表
  • 再生医療研究会 代表
  • フォーシーズンズ美容皮膚科クリニック
    再生管理責任医師
再生医療 医師 山口修司
再生医療 医師 山口修司
学歴・職歴等
1990年 東邦大学医学部卒業
医師免許取得、保険医登録
東邦大学医学部付属病院 整形外科学教室入局
1992年 横浜総合病院 整形外科内形成外科担当研究員
1994年 東邦大学医学部 救命救急センター
1996年 東邦大学医学部付属病院 整形外科(第2)膝関節担当及び形成外科美容部担当
1998年 高須クリニック(美容外科) 美容外科・美容皮膚科担当
2003年 東邦大学医学部付属病院 第2内科 代謝内分泌・再生医療研究員
2005年 医療法人修医会 医療統括部長
2015年 医療法人有恒会 美容再生医療統括部長
2017年 フォーシーズンズ美容皮膚科クリニック 再生管理責任医師
その他の所属学会等
  • 日本内科学会
  • 日本整形外科学会
  • 日本リハビリテーション学会
  • 日本腎臓病学会
  • 日本高血圧学会
  • 日本レーザー治療学会
  • 日本東洋医学会
  • 日本免疫学会
  • 日本免疫治療学研究会
  • 日本抗老化臨床学会
  • 国際抗老化再生医療学会
  • 日本美容外科学会
  • 日本代替医療学会
  • 東京膝関節学会
  • 国際角膜矯正外科学会
その他情報
在籍医師 8名
看護師 12名
薬剤師 1名
総スタッフ 40名
二次救急連携病院 神戸赤十字病院
経営者 代表取締役 米澤正人

PAGE TOP