2018年4月

【幹細胞再生医療】&【インディバ】美と健康をかなえる最新加温療法

インディバ, メディカルエステ, 幹細胞治療, 肌再生治療

《幹細胞治療の施術解説》

耳の後ろの皮膚を採取し、元気な幹細胞だけを培養。2回の幹細胞移植だけです。

施術後1年→2年→3年と年々若さが増して若々しく、肌年齢の改善や肌細胞老化予防が期待出来ます。その後も採取したピチピチの自身の幹細胞は半永久的にに冷凍保管できますので、5年、10年、20年後も採取した当時の若い幹細胞を注入できるのです。

フォーシーズンズ美容皮膚科がアンチエイジング部門全国口コミランキング1位に獲得しました❗️

若返りとともに10年後も今の若さを維持しませんか?

【肌再生、幹細胞治療とは?】
耳の後ろの皮膚を採取し、元気な幹細胞だけを培養。2回の幹細胞移植を行いました。採取したピチピチの幹細胞は半永久的にに冷凍保管できますので、5年、10年、20年後も採取した当時の若い幹細胞を注入できるのです。施術後1年→2年→3年と年々若さが増して若々しく、肌年齢の改善や肌細胞老化予防が期待出来ます。
フォーシーズンズ美容皮膚科 神戸では幹細胞の再生医療で兵庫県 唯一、再生医療第2種として厚生労働省から認定され 皆様ご期待のお肌の肌再生医療の施術ができます。
老化でたるんだり、しわが刻みこまれた肌、たるみを切り取る手術がありますね。
これは、伸びきったスカートのゴムを短く切って、もう一回そのゴムを使う・・・そんなイメージです。
一方、肌の再生医療は伸び切ったゴムそのものを新しくしてあげる。そんな皮膚再生です。

【肌再生の詳しいしくみ】
20才を過ぎる頃から自然な加齢・体質・ストレス・紫外線・乾燥・環境など、様々な原因から肌細胞はダメージを受け、機能が衰え、細胞数も減ってしまい肌年齢が加齢していきます。肌細胞が衰えることで、肌に必要な3大要素も作り出されなくなり、タルミ・シワ・目の下クマ・ほうれい線・肌の引き締まりなど減退し加齢が進み老化の原因といわれてます。
肌の再生医療(幹細胞培養)によって、あなた自身の幹細胞を約10,000倍に培養・活性化し、あなたの肌に戻します。注入された肌細胞が、衰えてしまった肌組織を修復するため働き出します。(肌の3大要素を作り出す)
10,000倍にも培養増殖された自身の元気な幹細胞をお肌に注入(水光注射、マイクカニューレなど)することによって肌細胞の働きにより肌組織が改善され肌そのものが若き頃の本来の若さを取り戻します。また、注入した肌細胞はヒアルロン酸などとは違い体内に吸収されることがなく、長期に渡り老化速度を遅らせることができます。今では幹細胞治療は画期的な根本治療となります。
フォーシーズンズ美容皮膚科では20代の若いうちから自身の若き元気な幹細胞を花嫁道具にと、冷凍保存する方が増えてきております。加齢が気になった頃に注入しようとされております。
※1cc辺り「約1億個の元気な幹細胞」を顔全体と首で6cc注入します。

【細胞保管とは?
これからの人生で一番若い『今日』のお肌を何十年も保存しておけます。
未来の自分へのプレゼント♪

線維芽細胞培養治療詳細 https://four-seasons.jp/saisei/

 

 

 

 

インディバの特徴

細胞レベルからの総合的エイジングケアを果たす魔法のマシン。
痩身や美肌に留まらず、ガン予防や不眠改善効果も得られ、あなたが持つ本来のチカラを取り戻すチカラ強い味方。
その広範囲な対応力から、アスリートが体力回復や傷病からの回復に使用することでも注目を浴び続けています。
また、エステで使用されているインディバとは出力が明確に異なり、医療機関ならではの効果を実感いただけます。

 

世界中の医療・美容・スポーツ業界で愛用

インディバは、中波領域の電磁波を使用した誘電加温型温熱機器で容量性電移法という優れた特許をもつ医療マシンです。エネルギー分散を効率的に抑制することで容易に局所的に深部加温が得られる特徴があり、EU諸国では医療用機器として使われています。

開発当初、スペインの物理医学博士【ホセ・カルベット】氏により、ガン治療に対する治療法として製作された高周波温熱機器が進化して現在のインディバが誕生しました。ホセ・カルベット博士は電気メスの発明者としても知られています。

インディバは、カラダの深部まで、容量の多い電磁波エネルギーを浸透させ、人体の様々な組織に安全なレベルのジュール熱(=体内で発生する熱)を発生させることが出来ます。この方法は、「容量性電移法・抵抗性電移法」と呼ばれ長年の導入実績を誇ります。美容・医療分野で広く認められ、医療機関以外にも、美容家電や家庭用治療器などに多く応用されています。

特に、当院で採用しているインディバ社純正の「インディバCRetSystemシリーズ」は、基礎代謝の向上はもちろん、人体の老化や病気の原因と言われる活性酸素の除去に関する効果が認知され、世界中の医療・美容・スポーツ業界で愛用されています。

高周波エネルギーで細胞レベルから活性化させ、美肌効果をはじめ、痩身効果、セルライトの除去まで、美容や健康に関し、あらゆるお悩みに対応する先進の美容医療です。

 

美と健康をかなえる最新加温療法

インディバによる施術は、施術部位の筋力を刺激しながら、高周波エネルギーを集中的に細かく深く導入することで、肌細胞を活性化していきます。美肌効果とともに、若い頃のような肌の引き締まった感覚を感じて頂けます。

特にボディの場合、カラダ深部の細胞が活性化し、新陳代謝がアップすることで、内臓脂肪の燃焼や疲労回復、肩こり、体力増進など、様々なお悩みに対応できます。

その安全性と広範囲な効果から、インディバは、体力の回復や傷の修復などにも評価され、アスリートのリハビリなどにも活用される治療法です。

詳細は、https://four-seasons.jp/indiba/

 

#フォーシーズンズ美容皮膚科クリニック#肌再生医療#アンチエイジング三ノ宮#若返り神戸
#神戸美容皮膚科#肌再生医療三宮#肌再生医療神戸#若返り三ノ宮#幹細胞移植#美肌#症例写真#PRP#PRP治療#ニキビ跡#毛穴#たるみ改善#リフトアップ#ほうれい線治療#目の下のクマ治療

インディバと贅沢な時間を

インディバ, メディカルエステ

ついに当院にもインディバが導入されました!

フォーシーズンズ美容皮膚科クリニックのMD570はクリニック専用MDシリーズの最上位機種です。体内深部にまで加温します。

 

インディバとは・・・


インディバ(INDIBA)とは、
電気メスの発明者であるスペインの物理医学博士ホセ・カルベット氏(インディバ社)により開発された、
電磁波エネルギーによる「高周波温熱機器」の総称です。
電磁波エネルギーを利用することで、人体の各組織にジュール熱を発生させます。
インディバの特長は、身体の深部まで容量の多いエネルギーを透過し、
各組織に安全レベルのジュール熱を容易に発生させることができる点です。
その機能の特徴である「容量性電移法・抵抗性電移法」は、世界の美容・医療分野で広く認知されています。

高周波によって体の中に熱が発生する為(深部加熱)、体温が3~5℃、
局所的に7℃まで上昇させることができ、自分の体を芯から暖めることができるのです。
その結果、内蔵機能が高まり、血行やリンパの流れが良くなり、代謝があがる為、様々な効果が期待出来ます。

 

※当院では、医療用インディバMD570を使用しております。
エステサロンに導入されているものより、高出力でより効果を実感していただけます。

 

インディバ施術で発生する「ジュール熱」とは、
細胞の分子の移動によって生じる「摩擦熱」とも呼ばれる熱で、細胞組織の抵抗によっても熱の発生が異なります。
その熱は高周波の電磁エネルギーの作用によって生じますが、人体には安全な電磁波として証明されています。
インディバが使用している周波数はたった0.44メガヘルツ(1秒間に44万の波)の高周波を使用しています。
人間の背丈よりも長い波です。よって手術などにより体内に金属プレートやボルトがあっても、それらに熱が生じません。
「ジュール熱」は生きた細胞にしか発生しないのが特徴です。

 

体外熱源(温泉・サウナ等)と体内熱源(インディバによる深部加温)の違いは、温まりの継続時間です。
2時間後、3時間後まで熱の広がりが確認できます。

その間、脂肪分解・排出・燃焼・代謝UP効果が得られますので、他の施術、運動などの効果も出やすくなります。

 

脂肪を燃焼させ、冷えを取り除き体内の臓器のもつ機能を回復させ、
痩身や美容効果だけではなく「体質改善」、「免疫力向上」まで行うことができるのです。
その結果、インディバボディは、痩身やボディラインを綺麗にするだけでなく、痩せやすい体になるほか、
アンチエイジング、冷え性、肩こり、むくみ、セルライトなどの改善など様々な効果が期待できます。
身体の中から変えて痩せやすい健康な身体をゲットするならインディバがおススメです!!

五感を通して自分の身体を見つめ直しQOL(生活の質)の向上へ。
そして周りの大切な方の健康と美容を叶えるクリニックを目指します。
まずはインディバの心地よい温かさをご体感ください。

 詳細は、https://four-seasons.jp/indiba/

 

 

痛みの少ないヒゲ脱毛

男性専科, 脱毛

レーザーによる脱毛は痛みを伴い、肌の日焼け管理も必要になるなどの手間もありました。

しかし、フォーシーズンズ美容皮膚科クリニックで導入している最新医療機器「メディオスターNeXT PRO3」はまったく異なる脱毛理論で、レーザー脱毛に伴う痛みや不便さを解消することを可能にしています。

1.痛みを大幅緩和


メディオスターNeXT PROの最大の強みは、通常のレーザー機と比較し、脱毛時の痛みを大幅に緩和している点です。
現在、美容クリニックで一般的な医療レーザー脱毛機は、「ダイオードレーザー」「アレキサンドライトレーザー」と呼ばれる脱毛機です。
これらは、レーザー光線の発生源(触媒)は異なるものの、黒い色に反応するレーザー光線の特性を利用して、毛根を熱破壊するという脱毛理論を用いた医療レーザー脱毛機です。レーザー照射により毛根が熱破壊されたときに衝撃が発生し、それが脱毛時に感じる強い痛みの原因でした。

メディオスターNeXT PROは、毛根を破壊するのではなく「バルジ」と言われる、発毛因子を破壊することで、毛の再生を防ぎ脱毛を行います。毛根よりも浅い層に存在するバルジに対して、ダイオードレーザーを細かく照射することで、部位に蓄熱を行うことでバルジを破壊します。
メディオスターNeXT PROその脱毛理論の特性から通常の脱毛レーザーと比べて衝撃が少なく、火傷などのリスクも少ないので、今までのレーザー脱毛と比べると大幅に痛みを緩和した脱毛を可能としています。

 

2.肌のダメージを軽減


メディオスターNeXT PROで照射を行うと、バルジを破壊するための熱が皮下に溜まり、徐々に肌が暖かくなるような感覚があります。
その後、照射を続けると真夏の直射日光に照らされたような「ジリジリ」とした熱さを感じます。この熱はバルジにダメージを与えるために必要なものです。

しかし必要以上の熱は患者さまのストレスになるため、メディオスターNeXT PROの照射ヘッド(ハンドピース)には強力な冷却装置が付いています。この冷却装置は金属のパネルが冷却水により4℃~5℃に冷やされており、照射患部の熱をすばやく緩和します。施術中は「熱い」と感じるよりも、冷却装置の冷たさを感じることが多いほどです。

蓄熱式脱毛の理論と強力な冷却装置により、肌へのダメージはほとんど発生しません。脱毛照射後の赤みも少なく、医療レーザー脱毛の問題点でもある毛嚢炎(もうのうえん)の発生も軽減しております。

 

3.日焼け肌ても照射可能


従来機は黒いメラニン色素(つまり、黒色のもの)を”毛”と認識する為、黒く焼けた日焼け肌に対しては過剰に反応する可能性がございます。これが原因で火傷や炎症が起こることも少なくありません。

しかし、メディオスターNeXT PROは、バルジ領域に対してのみ作用する為、照射時に肌が黒くても照射を可能としています。日焼けに左右されずに照射ができるのも、メディオスターの強みの1つであります。

※過度な赤みのある日焼けは既に炎症状態ですので、メディオスターでも施術ができません。ご了承ください。

痛み・肌ダメージ、そして日焼けと、メディオスターNeXT PROには、これまで皆様が抱えていた多くのお悩みを解決する強みがあります。3つのメリットがご自身のお悩みに当てはまるという方は、ぜひフォーシーズンズクリニックへ一度ご相談にいらしてください。一人一人に合った最適なプランをご提案させていただきます。

男性脱毛詳細は、https://four-seasons.jp/mens_datsumou/

 

   
 

フォーシーズンズ 美容皮膚科土日祝日営業のお知らせ

 

フォーシーズンズ 美容皮膚科クリニック コンセプト

フォーシーズンズ 美容皮膚科クリニック 有名医師在籍

再生医療 医師 山口 修司

~現職~

  • 医療法人社団修医会 理事長グループ統括院長
  • 日本臨床再生医療学会 理事長
  • 国際抗老化再生医療学会 理事
  • 日本臨床医学発毛協会 理事
  • 国際伝統医学教育研究振興機構 理事
  • 日本理学療法研究会 代表顧問
  • がんの家族をすくう会 代表
  • 21世紀医療を学える会 代表
  • 再生医療研究会 代表
  • フォーシーズンズ美容皮膚科クリニック
    再生管理責任医師

~ 学歴・職歴等 ~

  • 1990年
    東邦大学医学部卒業
    医師免許取得、保険医登録
  • 東邦大学医学部付属病院 整形外科学教室入局
  • 1992年
    横浜総合病院 整形外科内形成外科担当研究員
  • 1994年
    東邦大学医学部 救命救急センター
  • 1996年
    東邦大学医学部付属病院 整形外科(第2)膝関節担当及び形成外科美容部担当
  • 1998年
    高須クリニック(美容外科) 美容外科・美容皮膚科担当
  • 2003年
    東邦大学医学部付属病院 第2内科 代謝内分泌・再生医療研究員
  • 2005年
    医療法人修医会 医療統括部長
  • 2015年
    医療法人有恒会 美容再生医療統括部長

~ その他の所属学会等 ~

  • 日本内科学会
  • 日本整形外科学会
  • 日本リハビリテーション学会
  • 日本腎臓病学会
  • 日本高血圧学会
  • 日本レーザー治療学会
  • 日本東洋医学会
  • 日本免疫学会
  • 日本免疫治療学研究会
  • 日本抗老化臨床学会
  • 国際抗老化再生医療学会
  • 日本美容外科学会
  • 日本代替医療学会
  • 東京膝関節学会
  • 国際角膜矯正外科学会

PAGE TOP