当院の想い|フォーシーズンズ美容皮膚科クリニック / 美容外科

当院の想い

フォーシーズンズ美容皮膚科
米澤正人

フォーシーズンズ美容皮膚科 米澤正人

~当院を立ち上げた想い~

元々若い頃からニキビが多く、10代の頃からニキビ跡に悩んでいました。20代になってもずっとニキビや吹き出物ができ続け、20代半ばには、「ニキビ痕(クレーター)」だらけになってしまいました。「なんとか治したい!」と 様々な皮膚科や美容皮膚科に相談に行きましたが、ニキビの薬と抗生物質しか貰えず、ニキビ痕の薬はもらえませんでした。その後も病院で何度も「ニキビ痕を治して欲しい!」と訴えましたが、「ビタミンB」と「ビタミンC」にローションしか貰えず…当然治りません。ニキビ痕の治療してくれるドクターはみつかりませんでした。

40代に入り、色々なレーザー治療(フラクショナルレーザーやピーリングなど)を受けるべく、多額のお金を支払い通いました。でも、治るどころか余計に色素沈着を起こしたりと更に酷くなり、とても後悔しました。その他にも、治ると聞いた「化粧品」や「エステ」など全て試し、総額1千数百万円以上使いました。でも、少しもニキビ痕は治りません。

50歳を迎えたころ、「こんな辛い経験をせずに治したい!」と思い、独学で肌の再生医療について勉強を開始。先ずは、自分の肌に「幹細胞治療」、「PRP皮膚再生医療」を試したところ、
52歳でニキビ痕が半分以上改善!!

「もっと早くに肌再生医療を知っていたら、こんなに長い間悩まなくて済んだのに…」
「同じように悩んでる人達に、この皮膚再生医療で改善できる事を知ってもらいたい!私のように多額のお金を無駄に使って欲しくない」
その想いで、フォーシーズンズ美容皮膚科を開院する事にしました。

開院して3年でPRP皮膚再生療法を1,000人以上に実施。そのほとんどの方に、毛穴、たるみ、シワ、窪み、小顔効果など、「半永久的に改善出来た!」と、喜びの声を頂いております。今後も一時的な対処療法でなく細胞から再生するこの根本治療で、皆様に感動を提供していきたいと思っております。
今後は、免疫療法のNK細胞療法などもどんどん全国に広げていきたいと思っております。

フォーシーズンズ美容皮膚科
米澤正人

米澤正人の署名

再生医療のバックグラウンド

提携研究所

株式会社セルバンク検査室

「特定細胞加工物製造事業者」である株式会社セルバンク(施設番号:FA3150017)に、細胞の培養を委託しています。

株式会社セルバンク代表取締役
北條元治

株式会社セルバンク代表取締役 北條元治

「再生医療・細胞医療技術を用いて医療に貢献する」という夢を持ち、肌の再生医療を日本に初めて導入。薬ではない。異物でもない。美容整形でもない。肌を痛めつけたり、肌に負担をかけ、かえって肌の衰えを加速するような治療ではない。細胞の力だけで肌をよみがえらせる。肌の再生医療という素晴らしい治療を全国の方に知って欲しいとの思いで活躍中。

■プロフィール
東海大学医学部非常勤講師、形成外科医、医学博士。1964年長野県生まれ。1991年、弘前大学医学部卒業。信州大学医学部付属病院勤務を経て、ペンシルベニア大学医学部で培養皮膚を研究。帰国後、東海大学医学部にて同研究と熱傷治療に従事。2004年、細胞保管や再生医療技術支援を行う株式会社セルバンク設立。2005年、RDクリニック開設に際し、培養皮膚の特許を供与。著書多数出版。

WEB予約はこちら

TOP