ボトックスの効果が持続する期間はどのくらい?

ボトックス注射とは、シワを目立たなくしたい、顔のラインをすっきりさせたい(エラボトックス)、足を細く見せたい、などの目的で用いられる施術です。
筋肉の動きを抑制するタンパク質を注入することで、これらの効果を得られやすくなるといわれています。

ボトックス注射は、1回受ければ効果が永久に続くわけではありません。

ボトックスの効果を持続するためには、どのくらいの周期で施術を受けていけばよいのか見ていきましょう。

様々な悩みに効果を発揮するボトックス注射

  • エラボトックス(小顔効果)
    「顔が大きい」や「エラが張っている」というお悩みをお持ちの方へオススメです。
    痩せて脂肪を落としても、お顔の大きさが変わりにくいのは顔のエラは大半が筋肉でてきているからなのです。
    咬む時に主に活躍する咬筋をリラックスさせることで筋肉が細くなり小顔へと導きます。
    咬筋へ作用するため、歯ぎしりも弱めることが期待できます。
    咬筋への作用で咬む力が弱くなりますので、お食事の際、咬む回数も自然と増えるので早く満腹感を感じられる効果も期待できます。
  • シワ改善
    表情ジワの原因は話す、笑う、怒る、泣くなどのお顔を動かす動作の繰り返しにより表情筋が鍛えられ肥大することで筋肉の過剰収縮が起こり、表情ジワを形成します。
    ボトックス注射はそのような表情筋をリラックスさせシワができにくくなったり、改善を目指す治療です。
  • 部分痩せ
    ふくらはぎや二の腕などの筋肉に注射することで筋肉を休ませ、細くさせる治療です。
  • 多汗症改善
    交感神経から汗腺への情報伝達を遮断することで、ワキガや多汗症の原因となる汗の分泌を大幅に減らす治療です。
    気になるワキガや、脇などの気になる部位の汗じみを防ぐことができます。
  • 肩こりの緩和
    肩こりの症状が出ている筋肉に、ボトックスを注入することで、筋肉を緩め休ませることで肩こりを改善できます

 

 

ボトックス注射の効果はいつから?どのくらい続く?                       

  • いつから効果が現れるのか
    ボトックスの働きにより、筋肉の動きが十分に止まって効果が現れるまでの期間は、人によって異なります。また、注入する部位や求める仕上がりによっても異なるため一概にいえませんが、一般的には2~3日後から効果が現れ始め、2週間ほどで安定した状態になると考えてよいでしょう。ボトックスを注入するのが初めてであれば、効果が出やすい傾向があります。
    ただし、エラやふくらはぎのシェイプアップを目的としたボトックス注射をした場合には、筋肉の動きが止まってから見た目として効果を感じるまでに、筋肉が痩せるまでの期間が必要となります。そのため、効果を実感できるまでに1か月ほどかかると考えておきましょう。

 

  • どれぐらい効果は続くのか
    ボトックス効果の持続期間も個人差などがありますが、一般的に3~4か月くらい続くと考えてください。ただし、エラやふくらはぎの場合には、筋肉が再び動き出してから外見に影響を与えるまでの期間が加わるため、4~6か月くらいは持続するとされています。
    ほかにも、ボトックスの量や筋肉の強さ、シワの深さなどさまざまな条件によって効果の持続期間は変わってきます。ボトックスの量が多ければよい、というわけではないので注意してください。

 

ボトックス注射の効果を持続させるためのポイント                  


ボトックス注射の効果は永遠に続くものではありませんが、効果が切れるタイミングに合わせて継続して注射をすると持続的な効果を得ることができます。ボトックス注射は回数を重ねるごとに持続期間が少しずつ長くなっていくといわれています。

効果が切れたら、する前より悪くなるわけではなく、元に戻っていくだけです。                          でも、その表情をしない期間があることで、その表情をしない癖がつくので、もちは長くなりますよ。                       

また気になりだしたら打つようにしましょう。そうすると、だんだん間隔があいてきます。

ずっと老化は進んでいくから、続けないとまたそこから老けていくのは事実ですが、表情じわは、毎日の積み重ねでできているから、止めてあげれば、その分、老化がゆるやかになっていきます。4か月に1回が無理なら年2回止めるだけでも、しわの進行は遅くなります。

 

 

 

 

詳細は、https://four-seasons.jp/botox/