コラム

美容を目的とした再生医療「肌再生」とは

2014年9月、世界で初めてiPS細胞を用いた移植手術が行われてから、幹細胞治療やPRP皮膚再生療法といった再生医療に注目が集まっています。

新しい分野の医療である再生医療は、人々の期待が高いということもあって、同年11月に再生医療等の安全性確保に関する手続き、細胞培養加工の外部委託のルールが定められました。肌再生も新しい分野の医療ですので、どのような治療なのか知りたいと思う方は多いでしょう。

肌再生の医療にはどんなものがあるか

肌再生の医療にはどんなものがあるか

培養した表皮細胞を移植したり、肌再生の材料となるヒアルロン酸を注入したり、脂肪由来の幹細胞や線維芽細胞、成長因子を補充するなどの方法があります。肌再生の主な目的は以下の内容が挙げられます。

  • 目の下のクマ、肌の引き締め、ほうれい線、リフトアップといった顔や首などに現れる加齢性変化の改善
  • 毛穴、ニキビ跡、たるみ、しみ・しわ治療など美肌を目的とした改善

肌再生治療の種類について

PRP皮膚再生療法(成長因子の補充)

血小板は傷を負った皮膚にかさぶたをつくることで細胞の修復を促します。この原理を活用した肌再生がPRP皮膚再生療法です。PRPとは「Platelet Rich Plasma」の略称で、血液中で血小板を多く含む血漿(けっしょう)成分です。

幹細胞治療

治療を希望する本人から皮膚を採取し、培養した幹細胞を真皮に注入する方法です。補充した細胞が増えると、衰えた細胞の修復を始めます。

頭皮(AGA-PRP療法)

PRP皮膚再生療法を活用し、薄くなってしまった頭皮を理想的な環境へと近づける肌再生です。AGAとは「AndroGenetic Alopecia」の略称で、男性型脱毛症の症状を指します。

肌再生治療の紹介

肌再生治療の紹介

フォーシーズンズ美容皮膚科/美容外科が行う肌再生治療の流れをご紹介いたします。

PRP皮膚再生療法の流れ

予約当日は無料カウンセリングと、担当医師によるインフォームドコンセントを行います。

診察を終えて内容に納得し、治療を決定したら次は血液の採取です。20mlほどを採取し、遠心分離機にかけて抽出した血小板を水光注射で注入します。ピンポイント注入の場合は局所麻酔、お顔全体の場合は表面麻酔で痛み軽減をいたします。

幹細胞治療の流れ

診察が終わるまではPRP皮膚再生療法と同じ流れです。診察後、感染症をチェックする血液検査と数mm×数mm程度の皮膚を採取します。細胞培養センターにて細胞抽出するまでに約5週間かかりますので、実際に施術をするのは次回の予約日です。水光注射で培養した幹細胞を注入し、2週間程度あけて同じ個所に再度細胞を注入します。

いずれの方法も自由診療のため保険適用外です。料金は診察後または血液検査後にいただきます。血液の検査項目は、梅毒、B型肝炎・s抗原、C型肝炎、HIV(エイズ)、ヒト白血病ウィルスです。

悩みや希望をしっかり理解するための無料カウンセリングを行います。カウンセリングは予約が必要ですので、お急ぎの方はお電話でお申し込みください。予約当日はお話をお伺いしてから、担当の医師が診察に入ります。

肌再生の医療に関する疑問点・不安点がある場合は、ご自身が納得するまで何度でもご質問ください。担当の医師が知りたい情報や治療の説明を丁寧にいたします。

幹細胞治療で肌再生を行うならフォーシーズンズ美容皮膚科/美容外科

名前 フォーシーズンズ美容皮膚科/美容外科
住所 〒650-0001 兵庫県神戸市中央区加納町6丁目6−1 金沢三宮ビル8F
TEL 078-321-1121
FAX 078-381-7341
URL https://four-seasons.jp
運営会社 フォーシーズンズ株式会社 代表取締役 米澤正人
概要 神戸の美容外科・美容皮膚科。再生医療・医療脱毛・ニキビなど様々なメニューをご用意しております。脱毛・ダイエット・エイジングケアなどをお考えでしたら、ぜひお問い合わせください。

フォーシーズンズ 美容皮膚科クリニック 有名医師在籍

再生医療 医師 山口 修司

~現職~

  • 医療法人社団修医会 理事長グループ統括院長
  • 日本臨床再生医療学会 理事長
  • 国際抗老化再生医療学会 理事
  • 日本臨床医学発毛協会 理事
  • 国際伝統医学教育研究振興機構 理事
  • 日本理学療法研究会 代表顧問
  • がんの家族をすくう会 代表
  • 21世紀医療を学える会 代表
  • 再生医療研究会 代表
  • フォーシーズンズ美容皮膚科クリニック
    再生管理責任医師

~ 学歴・職歴等 ~

  • 1990年
    東邦大学医学部卒業
    医師免許取得、保険医登録
  • 東邦大学医学部付属病院 整形外科学教室入局
  • 1992年
    横浜総合病院 整形外科内形成外科担当研究員
  • 1994年
    東邦大学医学部 救命救急センター
  • 1996年
    東邦大学医学部付属病院 整形外科(第2)膝関節担当及び形成外科美容部担当
  • 1998年
    高須クリニック(美容外科) 美容外科・美容皮膚科担当
  • 2003年
    東邦大学医学部付属病院 第2内科 代謝内分泌・再生医療研究員
  • 2005年
    医療法人修医会 医療統括部長
  • 2015年
    医療法人有恒会 美容再生医療統括部長

~ その他の所属学会等 ~

  • 日本内科学会
  • 日本整形外科学会
  • 日本リハビリテーション学会
  • 日本腎臓病学会
  • 日本高血圧学会
  • 日本レーザー治療学会
  • 日本東洋医学会
  • 日本免疫学会
  • 日本免疫治療学研究会
  • 日本抗老化臨床学会
  • 国際抗老化再生医療学会
  • 日本美容外科学会
  • 日本代替医療学会
  • 東京膝関節学会
  • 国際角膜矯正外科学会

PAGE TOP