2017年12月

ヒアルロン酸注入・・「鼻筋形成」「ほうれい線」「眉間のシワ」「顎形成」…

ヒアルロン酸注入, 美容医療

「鼻筋形成」「ほうれい線」「眉間のシワ」「顎形成、顎の梅干しジワ」「くぼみ」「目元の悩み」
手術やアレルギー検査不要なヒアルロン酸を使った皮膚のシワやみぞの改善治療。
日本で初めて厚生労働省から認可を受けた「ジュビダームビスタ」などを使用します。
当日からメイク、入浴もokです。

「なぜヒアルロン酸でシワが改善できるのか?」
シワ治療の“代表格”である『ヒアルロン酸注射』ですが、どうしてシワが改善できるでしょうか?
改めて「ヒアルロン酸」の成分と働きについて紹介します。

「ヒアルロン酸」は、アミノ酸と糖により合成された「ムコ多糖類」の一種で、皮膚や目、関節など人の体をつくる細胞中に存在し、細胞と細胞をつなぐ役割をします。
そのため、皮膚の弾力性や粘弾性(ハリ)、保湿性を保つためにともて重要な物質です。
この「ムコ多糖類」の“ムコ”には、粘るという意味があり、この粘りがお肌に保湿・弾力・柔軟性をもたらします。また「ヒアルロン酸」は、わずか1g(グラム)で6L(リットル)もの水分を保持することが可能な成分で、体内の細胞をみずみずしく潤し、ハリ感をもたらす成分として優れた働きを発揮しています。
「ヒアルロン酸」は、もともと皮膚内部に存在する成分なので注入後の危険性はなく、数ヶ月間注入場所にとどまりますが、徐々に体内へ自然に吸収されます。
『ヒアルロン酸注射』と同じシワ治療に、「ボトックス」を注入する治療法があります。
へこんだ溝を「ヒアルロン酸」で持ち上げる『ヒアルロン酸注射』に対し、『ボトックス』は筋肉の過収縮によるシワ(表情ジワ)を改善する治療です。同じ“シワ”でも原因の異なるシワを改善する治療です。ただ、どちらも加齢によって現れるシワで、異なる部位に生じます。
『ヒアルロン酸注射』と『ボトックス』の双方をバランスよく注入すれば、若返り効果をぐっと高めることが可能です

「ヒアルロン酸」は、硬いタイプのものから、柔らかいタイプのものなどがあり、製造会社によりさまざまな種類があります。
ハードタイプは深いシワやプチ整形に、ソフトタイプは目の下のシワなどのデリケートな部位に、などタイプによって適応部位や治療内容が異なります。また最新のヒアルロン酸には、美容成分を豊富に配合したタイプなどもあります。
オザキクリニックでは、安全で高品質な「ヒアルロン酸」を取り揃え、症状や目的、お客さまのご要望に合わせて、最適なヒアルロン酸をセレクトしています。

ヒアルロン酸は、もともと人体の皮膚、真皮層に存在しており、コラーゲン組織や水分を保持し、肌のハリやきめ細かさを保つ役割を担っています。
ヒアルロン酸の注入を行うと、体内に入ったヒアルロン酸が水分を含んで膨らむ事で、
シワやみぞを目立たなくする事ができます。
ヒアルロン酸を注入するだけでシワの改善骨格形成が可能です。

ヒアルロン酸使用軟組織注入材 「ジュビダームビスタ ウルトラ」および「ジュビダームビスタ ウルトラ プラス」は、2014年3月、「本品は顔面において、中等度から重度のしわや溝(鼻唇溝等)を修正するため、真皮中層部から深層部に注入して使用される。なお、口唇、眼瞼への使用及び隆鼻術等の形状の変更を目的とした使用は本品の適応に含まれない。」を使用目的として、厚生労働省から製造販売が承認されました。本製品は、顔面のしわや溝に対して、2014年3月に国内で初めて製造販売承認を取得したヒアルロン酸使用軟組織注入材です。さらに、2016年9月には「ジュビダームビスタ ボリューマ XC」が中顔面、下顎部、こめかみの減少したボリュームを増大するため、皮下、骨膜上深部へ注入して使用される目的として、製造販売が承認されました。

知ってますか?
顔のヒアルロン酸注入による施術はデザイン性、ダウンタイムが無いに限ります。
有名病院名で選ぶのでなく医師の技で選ぶのです。
ヒアルロン酸注入のデザインは多数有名芸能人などを手掛けてきた医師です。
ダウンタイムなく自信を持って施術にあたります。
注射の際 内出血は跡に残る危険性があるからこそダウンタイムのない又プロのデザインで選ぶのが常識です。

シワや皮膚の溝をうめるだけでない、ヒアルロン酸注入。
頰や顎に注入することで立体感が生まれフェイスラインがすっきりし、 小顔効果が得られます。カウンセリングを充分行い、魔法の医師の手で、理想とする顔をあなたも得ませんか?

Q&A

当院は「ハイクラスな治療を可能な限りお安くご提供する」ことをモットーにしております。
お肌の老化・トラブル・将来への不安で悩む皆様に、笑顔になって欲しい、いつまでも若々しく美しくあって欲しいと願うからです。

『高ければ良い』『安い=低品質』の時代は終わりです。

また比較して欲しいのは価格だけではありません。
どんなに有名なクリニックでも施術者に豊富な経験と正しい知識、患者様に喜んで頂きたい思いがなければ満足頂ける結果は出ません。
当院はお客様に満足して通えるクリニックを目指しています
それがフォーシーズンズ美容皮膚科クリニック、代表のポリシーです。

メールでのお問い合わせは
e.yonezawa@four-seasons.jp

ご気軽にお問い合わせください^^

フォーシーズンズ美容皮膚科クリニック


フォーシーズンズ美容皮膚科クリニック・口コミ


フォーシーズンズ美容皮膚科クリニック・Instagram


フォーシーズンズ美容皮膚科クリニック・Twitter

2時間のダウンタイムがない施術とメイクで驚きの変化!!

ヒアルロン酸注入, リードファインリフト, 美容医療

医師とプロのメイキャップアーティストの力でここまでの変化があります。ダウンタイムのない施術とメークで短時間にどれくらい短時間の間にどこまで変われるか?!

施術始めて2時間後に驚きの変化!ダウンタイムのない施術とメークで短時間にどれくらい短時間の間にどこまで変われるか

「ヒアルロン酸注射✖️リードファイン」

 「ヒアルロン酸注射」

「鼻筋形成」「ほうれい線」「眉間のシワ」「顎形成、顎の梅干しジワ」「くぼみ」「目元の悩み」
手術やアレルギー検査不要なヒアルロン酸を使った皮膚のシワやみぞの改善治療!
当院は日本で初めて厚生労働省から認可を受けた「ジュビダームビスタ」などを使用します。

高い保湿力で肌にうるおいを保つ

ヒアルロン酸とは体内で生成される成分で、目や関節に多く含まれています。高い保水力があるため、肌にうるおいを保つサポートをしてくれます。ヒアルロン酸の保湿力はなんと、1gで最大6リットルもの水を保つことができるといわれています。このようにヒアルロン酸は若々しくハリのある肌を保つには欠かすことのできない成分ですが、残念なことに、ヒアルロン酸が体内で生成される量は赤ちゃんの頃が最大で、年齢を重ねるごとに減少してしまいます。

化粧水や、サプリメントの効果について

ヒアルロン酸は化粧水や美容クリーム、サプリメントでもよく使われています。ヒアルロン酸入りの化粧水を使っているから私の保湿力は高いはず、と考えている方もいらっしゃると思いますが、ヒアルロン酸は高分子と呼ばれる分子が大きい構造をしているため、ヒアルロン酸を必要とする真皮と呼ばれる肌の奥組織までは届きません。化粧水で潤ったように感じるのは、ヒアルロン酸が皮膚の一番外側にある角質層と呼ばれる所にとどまり、皮膚表面の水分を保つことで、乾燥などによる水分の蒸散を防いでくれる働きがあるからです。なので、体内のヒアルロン酸の保有量が増えているわけではないのです。

また、サプリメントでの摂取は分子が大きいため、体内に吸収されにくくなっています。そもそも消化の段階で別の物質に変化してしまうので、ヒアルロン酸として皮膚に届く事はありません。ヒアルロン酸は食べ物やサプリメントから摂取しても体内の保有量は増えることがない成分なのでその点は注意が必要です。

「ヒアルロン酸注射のメリット」

ヒアルロン酸注射は効果が長い

サプリメントではヒアルロン酸の体内保有量が増えることはなく、化粧品も肌のうるおいを保つのに一時的な効果しかありません。しかし、ヒアルロン酸注射の効果は注入する部分や個人差もありますが、数か月~数年と長い期間、効果が持続します。この期間に注入したヒアルロン酸はゆっくりと体内に吸収されていきます。一回の注射で数か月~数年効果があるので、何度も注射に行けない忙しい方には嬉しいです。

ヒアルロン酸の種類が豊富

ヒアルロン酸注射に使われる薬剤は1種類ではなく、製造会社や硬さ、効果時間が違うなどさまざまな種類の薬剤があります。なので、シワの深さや注射を打つ部分の肌の状態によって、最適な注入剤を使い分けることができます。自分にぴったり合った注入剤を使うことで、すぐに元に戻ってしまったなどのトラブルを防ぐのに役立ちます。

後から修正できる

注入後、数日経過してから「薬剤の量が多くて皮膚が膨らみすぎてしまった」「均等に注入されず、表面がでこぼこしてしまった」などの症状が出ても修正することができます。具体的には、ヒアルロン酸を分解する薬剤を注入することで、分解して除去可能です。仕上がりが気に入らない場合でも後から修正できるのは安心感があります。

アレルギー反応の発生が少ない

ヒアルロン酸は体内で生成される成分なので、アレルギー反応は発生しづらいとされています。しかし、アレルギー体質で心配な方は、皮内注射と呼ばれるアレルギーテストを行うことによって、事前にヒアルロン酸のアレルギーがないか調べることができます。

知ってますか?
顔のヒアルロン酸注入による施術はデザイン性、ダウンタイムが無いに限ります。
有名病院名で選ぶのでなく医師の技で選ぶのです
ヒアルロン酸注入のデザインは多数有名芸能人などを手掛けてきた医師です
ダウンタイムなく自信を持って施術にあたります
注射の際 内出血は跡に残る危険性があるからこそダウンタイムのない又プロのデザインで選ぶのが常識です。

症例写真

「リードファイン」・・確実に瞬時にたるみを引き上げる最新治療

『たるみ治療、小じわを解消し、ハリ、弾力アップへ』
『リードファインリフト』は、極細の糸を挿入することで肌の若返りを促す、美肌・たるみ治療法です。挿入した糸が肌内部を刺激してコラーゲンを増殖させるので、肌が内から引き締まり、小ジワも改善します。 また時間とともに体内に吸収される糸を使用しており、糸が溶けるサイクルに合わせて繰り返し施術を行うことをおすすめします。
たるみ治療には、「リードファイン」「LDM-MED照射」「水光注射」の中から希望に合わせて治療を提案いたします。

このような方にはオススメ!

是非一度当院の技術とデザインを受けてみませんか?

当院は「ハイクラスな治療を可能な限りお安くご提供する」ことをモットーにしております。
お肌の老化・トラブル・将来への不安で悩む皆様に、笑顔になって欲しい、いつまでも若々しく美しくあって欲しいと願うからです。

『高ければ良い』『安い=低品質』の時代は終わりです。

また比較して欲しいのは価格だけではありません。
どんなに有名なクリニックでも施術者に豊富な経験と正しい知識、患者様に喜んで頂きたい思いがなければ満足頂ける結果は出ません。
当院はお客様に満足して通えるクリニックを目指しています
それがフォーシーズンズ美容皮膚科クリニック、代表のポリシーです。

是非無料カウンセリングにお越しくださいませ

フォーシーズンズ美容皮膚科クリニック

フォーシーズンズ美容皮膚科クリニック・口コミ

フォーシーズンズ美容皮膚科クリニック・Instagram

フォーシーズンズ美容皮膚科クリニック・Twitter

   
 

フォーシーズンズ 美容皮膚科土日祝日営業のお知らせ

 

フォーシーズンズ 美容皮膚科クリニック コンセプト

フォーシーズンズ 美容皮膚科クリニック 有名医師在籍

再生医療 医師 山口 修司

~現職~

  • 医療法人社団修医会 理事長グループ統括院長
  • 日本臨床再生医療学会 理事長
  • 国際抗老化再生医療学会 理事
  • 日本臨床医学発毛協会 理事
  • 国際伝統医学教育研究振興機構 理事
  • 日本理学療法研究会 代表顧問
  • がんの家族をすくう会 代表
  • 21世紀医療を学える会 代表
  • 再生医療研究会 代表
  • フォーシーズンズ美容皮膚科クリニック
    再生管理責任医師

~ 学歴・職歴等 ~

  • 1990年
    東邦大学医学部卒業
    医師免許取得、保険医登録
  • 東邦大学医学部付属病院 整形外科学教室入局
  • 1992年
    横浜総合病院 整形外科内形成外科担当研究員
  • 1994年
    東邦大学医学部 救命救急センター
  • 1996年
    東邦大学医学部付属病院 整形外科(第2)膝関節担当及び形成外科美容部担当
  • 1998年
    高須クリニック(美容外科) 美容外科・美容皮膚科担当
  • 2003年
    東邦大学医学部付属病院 第2内科 代謝内分泌・再生医療研究員
  • 2005年
    医療法人修医会 医療統括部長
  • 2015年
    医療法人有恒会 美容再生医療統括部長

~ その他の所属学会等 ~

  • 日本内科学会
  • 日本整形外科学会
  • 日本リハビリテーション学会
  • 日本腎臓病学会
  • 日本高血圧学会
  • 日本レーザー治療学会
  • 日本東洋医学会
  • 日本免疫学会
  • 日本免疫治療学研究会
  • 日本抗老化臨床学会
  • 国際抗老化再生医療学会
  • 日本美容外科学会
  • 日本代替医療学会
  • 東京膝関節学会
  • 国際角膜矯正外科学会

PAGE TOP