ヒアルロン酸注射とは

ヒアルロン酸は、もともと人体の皮膚、真皮層に存在しており、コラーゲン組織や水分を保持し、肌のハリやきめ細かさを
保つ役割を担っています。ヒアルロン酸の注入を行うと、体内に入ったヒアルロン酸が水分を含んで膨らむ事で、
シワやみぞを目立たなくする事ができます。
ヒアルロン酸を注入するだけでシワの改善や骨格形成が可能です。

ヒアルロン酸使用軟組織注入材 「ジュビダームビスタ ウルトラ」および「ジュビダームビスタ ウルトラ プラス」は、2014年3月、「本品は顔面において、中等度から重度のしわや溝(鼻唇溝等)を修正するため、真皮中層部から深層部に注入して使用される。なお、口唇、眼瞼への使用及び隆鼻術等の形状の変更を目的とした使用は本品の適応に含まれない。」を使用目的として、厚生労働省から製造販売が承認されました。本製品は、顔面のしわや溝に対して、2014年3月に国内で初めて製造販売承認を取得したヒアルロン酸使用軟組織注入材です。さらに、2016年9月には「ジュビダームビスタ  ボリューマ XC」が中顔面、下顎部、こめかみの減少したボリュームを増大するため、皮下、骨膜上深部へ注入して使用される目的として、製造販売が承認されました。

概要

フォーシーズンズ 美容皮膚科クリニック 有名医師在籍

再生医療責任医師 山口 修司

現職

  • 医療法人社団修医会 理事長グループ統括院長
    国際抗老化再生医療学会 理事
    日本臨床医学発毛協会 理事
    国際伝統医学教育研究振興機構 理事
    日本理学療法研究会 代表顧問
    がんの家族をすくう会 代表
    21世紀医療を学える会 代表
    再生医療研究会 代表

経歴

  • 1990年
    東邦大学医学部卒業
    医師免許取得(第335632号)
    保険医登録(阪医45478)
    東邦大学医学部付属病院 整形外科学教室入局
    1992年
    横浜総合病院 整形外科内形成外科担当研究院
    1994年
    東邦大学医学部 救命救急センター
    1996年
    東邦大学医学部付属病院 整形外科(第2)膝関節担当及び形成外科美容部担当
    1998年
    高須クリニック(美容外科) 美容外科・美容皮膚科担当
    2003年
    東邦大学医学部付属病院 第2内科 代謝内分泌・再生医療研究院
    2005年
    医療法人修医会 医療統括部長
    2015年
    医療法人有恒会 美容再生医療統括部長

その他所属学会等

  • 日本内科学会
    日本整形外科学会
    日本リハビリテーション学会
    日本腎臓病学会
    日本高血圧学会
    日本レーザー治療学会
    日本内科学会
    日本整形外科学会
    日本リハビリテーション学会
    日本腎臓病学会
    日本高血圧学会
    日本レーザー治療学会
    日本東洋医学会
    日本免疫学会
  • 日本免疫治療学研究会
    日本抗老化臨床学会
    国際抗老化再生医療学会
    日本美容外科学会
    日本代替医療学会
    日本免疫学会
    日本免疫治療学研究会
    日本抗老化臨床学会
    国際抗老化再生医療学会
    日本美容外科学会
    日本代替医療学会
    東京膝関節学会
    国際角膜矯正外科学会

PAGE TOP