相乗効果をもたらす『PRP』複合治療

効果的にニキビ跡を改善


成長因子の働きにより肌の再生を促す『PRP療法』は、ニキビ跡改善にも適した治療ですが、ニキビ跡の状態によっては思うような効果が得られなかったり、治療に長い時間を要したりします。

そこで当院がおすすめするのが、肌再生LDM-MED(高密度超音波治療)との複合治療です。

ドイツのLDM-MEDという最新高密度超音波治療器で、痛みやダウンタイムがないリフテイングができる治療です。

老化して鈍化した細胞の動きに高密度振動エネルギーを与えて、肌に弾力を待たせ、周波数を変更することでシワ、たるみ、ニキビ、アトピー、ケロイドなど、様々な症状の原因を効果的に減らしてくれます。

さらに、皮膚に強い刺激を与えず自然に発生する細胞単位の活性を誘導するため、細胞の修復・再生を促す照射レーザー治療で、ニキビ跡を改善に導きます。

『PRP療法』との複合治療では、PRPの注入後にニキビ跡の凹凸などが気になる部分にLDMの直接照射を行います。PRPに含まれる成長因子が作用し、高いコラーゲン産生作用を生み出します。細胞の修復能力が高まるので、治療期間を短縮する効果も期待できます。

LDM-MEDによる照射は、コラーゲンが増殖し、肌がみずみずしくなる効果や、引き締め効果もあり、皮膚治療ともに健康的で美しい肌作りに役立ちます。

PRP1回(顔+首)→¥150,000(税抜き)
PRP1回(顔のみ)→¥130,000(税抜き)
LDM1回30分→¥30,000(税抜き)

ご予約→0120-378-887
詳細は、https://four-seasons.jp/nikibi/

どうぞお気軽にお問い合わせ下さい

 

症例写真