小顔になりたい!そんな願いは顔の引き締めで叶うかも?

女性にとって1つの憧れである小顔は、顔の引き締めというアプローチで叶うことがあります。

肌のたるみなどに悩む女性は、とくにこのようなアプローチの効果を実感しやすいかもしれません。

今回は、顔の引き締めで小顔を叶える方法について解説していきます。

 

なぜか美しく見える小顔の女性


小顔の女性は、取り立てて整った顔立ちでなくても美しく見えるのが常。

これには、いくつかの理由があります。

例えば、小顔だと全身のスタイルがよく見えます。

小顔の場合はファッションもすっきりと決まるケースが多いので、美しい女性に見えることが増えてくるというわけです。

また、顔の面積が小さい場合は、目鼻立ちがはっきりと際立ちます。

目がパッチリと大きいことは、美人の1つの条件でもあります。

顔が小さいという特徴によって、小顔の女性はいろいろなメリットを享受していると言えますね。

 

小顔にならない原因は?


小顔になりたくても、自然に顔を小さくするのは難しいことが多いですよね。

なぜ小顔にならないかはその人によって異なりますが、考えられる原因はいくつかあります。

例えば、エラが張っている、など、骨格に問題がある人は、念入りにマッサージを行ってもなかなか理想のフェイスラインにならないケースが多いです。

また、顔に脂肪がついている人は、二重アゴになりやすいことからもわかるように、顔のサイズが脂肪の分だけ大きくなっています。

水分の代謝が滞って顔がむくんでいる人も、顔が大きく見えてしまいがち。

このほかにも、肌のたるみが原因になって小顔にならないケースがあります。

毛穴が開いて肌がたるんでいると顔の輪郭が崩れてきますので、顔もいくぶん大きく見えます。

 

小顔になるには顔の引き締めが効果的


肌のたるみが原因で小顔になれない人は、顔の引き締めを行うとだいぶ印象が変わります。

顔の印象を左右する表情筋は皮膚によって支えられています。

したがって、皮膚の弾力をアップすることで、キュッと引き締まった小顔を手に入れられる可能性がでてくるわけです。

筋肉を支えている皮膚の弾力は、加齢やストレスなどの影響で徐々に低下します

若いころよりも顔が大きく見える、という人は、肌のたるみが小顔になれない大きな原因になっているのかもしれません。

肌の弾力が衰えると毛穴も開いてくることが多いので、なんとなく顔が膨張して見えてしまうことがあります

顔の引き締めは、このような問題を解消するためにも役立つアプローチと言えます。

 

美容皮膚科では顔を引き締める施術も行っている


むくみなどの問題は、フェイス用のローラーを使ったマッサージを行えば、自分でもある程度は改善ができるかもしれません。

しかしながら、肌のたるみは、評判がいいコスメを使っても一朝一夕には解消しない場合があります。このようなときには、美容皮膚科の施術を利用するのも1つの方法になるでしょう。

美容皮膚科では、毛穴や皮膚を引き締める施術を行っています。

治療にはさまざまなアプローチがありますので、施術の種類が多いクリニックを利用すれば、自分の症状に合った治療を選べます。

体への負担をできるだけ少なくしたい場合は、レーザーを使って顔を引き締めるポラリスなどが、候補に挙がってくるでしょう。

多くの美容皮膚科が導入しているポラリスは、コラーゲンの量を増やして肌の弾力を高めるマシンです。

また、皮膚の線維芽細胞を使った再生治療や、皮膚に細い糸を通して弾力アップを目指すフェイスリフトも、顔の引き締めには効果的です

美容皮膚科の場合は、脂肪溶解注射などの顔痩せの施術も行っているため、脂肪を減らしたい人も気軽に相談ができます。

 

原因を知るのが小顔への近道


小顔を手に入れるには、顔が大きく見えてしまう原因を知るのが第1歩になってきます。

ただ、自分では原因がはっきりとつかめないこともあるでしょう。

そんなときは、美容皮膚科の専門医に相談すると、適切なアプローチを教えてもらえる可能性があります。

 

線維芽細胞培養再生医療https://four-seasons.jp/saisei/

PRP皮膚再生医療https://four-seasons.jp/prp/

脂肪溶解注射https://four-seasons.jp/bnls/

フェイスリフト https://four-seasons.jp/thread_lift/

 

 

フォーシーズンズ美容皮膚科の認可

【厚生労働省受理クリニック】
再生医療第2種
自家培養真皮繊維芽細胞移植術
【移植施設クリニック】
フォーシーズンズ美容皮膚科
兵庫県神戸市中央区加納町6ー6ー1
金沢三宮ビル8階
電話078-321-1121