痛みの少ないヒゲ脱毛

レーザーによる脱毛は痛みを伴い、肌の日焼け管理も必要になるなどの手間もありました。

しかし、フォーシーズンズ美容皮膚科クリニックで導入している最新医療機器「メディオスターNeXT PRO3」はまったく異なる脱毛理論で、レーザー脱毛に伴う痛みや不便さを解消することを可能にしています。

1.痛みを大幅緩和


メディオスターNeXT PROの最大の強みは、通常のレーザー機と比較し、脱毛時の痛みを大幅に緩和している点です。
現在、美容クリニックで一般的な医療レーザー脱毛機は、「ダイオードレーザー」「アレキサンドライトレーザー」と呼ばれる脱毛機です。
これらは、レーザー光線の発生源(触媒)は異なるものの、黒い色に反応するレーザー光線の特性を利用して、毛根を熱破壊するという脱毛理論を用いた医療レーザー脱毛機です。レーザー照射により毛根が熱破壊されたときに衝撃が発生し、それが脱毛時に感じる強い痛みの原因でした。

メディオスターNeXT PROは、毛根を破壊するのではなく「バルジ」と言われる、発毛因子を破壊することで、毛の再生を防ぎ脱毛を行います。毛根よりも浅い層に存在するバルジに対して、ダイオードレーザーを細かく照射することで、部位に蓄熱を行うことでバルジを破壊します。
メディオスターNeXT PROその脱毛理論の特性から通常の脱毛レーザーと比べて衝撃が少なく、火傷などのリスクも少ないので、今までのレーザー脱毛と比べると大幅に痛みを緩和した脱毛を可能としています。

 

2.肌のダメージを軽減


メディオスターNeXT PROで照射を行うと、バルジを破壊するための熱が皮下に溜まり、徐々に肌が暖かくなるような感覚があります。
その後、照射を続けると真夏の直射日光に照らされたような「ジリジリ」とした熱さを感じます。この熱はバルジにダメージを与えるために必要なものです。

しかし必要以上の熱は患者さまのストレスになるため、メディオスターNeXT PROの照射ヘッド(ハンドピース)には強力な冷却装置が付いています。この冷却装置は金属のパネルが冷却水により4℃~5℃に冷やされており、照射患部の熱をすばやく緩和します。施術中は「熱い」と感じるよりも、冷却装置の冷たさを感じることが多いほどです。

蓄熱式脱毛の理論と強力な冷却装置により、肌へのダメージはほとんど発生しません。脱毛照射後の赤みも少なく、医療レーザー脱毛の問題点でもある毛嚢炎(もうのうえん)の発生も軽減しております。

 

3.日焼け肌ても照射可能


従来機は黒いメラニン色素(つまり、黒色のもの)を”毛”と認識する為、黒く焼けた日焼け肌に対しては過剰に反応する可能性がございます。これが原因で火傷や炎症が起こることも少なくありません。

しかし、メディオスターNeXT PROは、バルジ領域に対してのみ作用する為、照射時に肌が黒くても照射を可能としています。日焼けに左右されずに照射ができるのも、メディオスターの強みの1つであります。

※過度な赤みのある日焼けは既に炎症状態ですので、メディオスターでも施術ができません。ご了承ください。

痛み・肌ダメージ、そして日焼けと、メディオスターNeXT PROには、これまで皆様が抱えていた多くのお悩みを解決する強みがあります。3つのメリットがご自身のお悩みに当てはまるという方は、ぜひフォーシーズンズクリニックへ一度ご相談にいらしてください。一人一人に合った最適なプランをご提案させていただきます。

男性脱毛詳細は、https://four-seasons.jp/mens_datsumou/