本当に幹細胞治療でアンチエイジング(お肌の若返り)できるの?

近年女性たちは、少しでも若い肌を取り戻すため、コラーゲンを摂取したり、ヒアルロン酸入を注入したり、いろいろなことを試してきました。いずれの方法も化粧品でケアするのとは大きく違い、目に見える効果を生んできたかもしれません。しかし、どれもが足りなくなったコラーゲンやヒアルロン酸を外から補う対処療法でしかありませんでした。欲しいのはコラーゲンやヒアルロン酸を生み出す力です。その力さえあれば、若いみずみずしい肌はいつまでも取り戻せることになります。

 

肌を若く保つために必要な成分


みずみずしく若々しい肌が欲しいと思った時に、必要なのはコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸ということはわかっていても、具体的にはそれらにどういう役割があるのかまではわかっていないかもしれません。

コラーゲンとは?

コラーゲンは人体を構成するタンパク質の約3割を占めている繊維状のタンパク質のことです。体内のあらゆる組織を形作り、皮膚や骨の強さ生み出します。全身にある成分ですが、美容で取り上げられることが多いのは、顔の皮膚の大部分を占める真皮層の7割がコラーゲンで占められているためです。そのコラーゲンがエラスチンと絡まって肌のハリ・弾力を支えています。

エラスチンとは?
コラーゲンとともに網目状になってネットワークを形成している弾力繊維です。もともとコラーゲンに比べるとその量はほんの少ししかありませんが、エラスチンが減少するとコラーゲンを支えることができず肌の弾力がなくなります。顔などに何か跡がついたまま戻らないのはエラスチンが減少していることが原因です。

ヒアルロン酸とは?
体内のいたるところにある高分子で、細胞と細胞の間でクッションになって細胞を守る働きをしています。保水成分が非常に高く、ヒアルロン酸が減ると関節痛や動脈硬化などを引き起こしやすくなります。肌に関しては、皮膚にみずみずしさとハリを与えてくれる大切な成分ですが、40代では生まれた頃の半分にまで減ってしまいます。

コラーゲンなどの成分は、加齢、紫外線、乾燥、などの影響から年々減り続けます。そのことで私たちの肌は次第にシワやたるみといった老化を招いていくのです。これまでの美容治療では、足りなくなった成分を外側から補ったり、刺激して活性化させたりしてきました。しかし、外側から補っても効果が続くのはほんの数ヶ月。体内に吸収されてしまうたびに何度も同じ施術を繰り返す必要があります。そこで再生医療では、これらの成分を作り出す元となる細胞「線維芽細胞」に注目しました。

 

有効成分を作り出す線維芽細胞とは


線維芽細胞とは、結合組織を形成する細胞で、再生医療の基本となる細胞です。人のからだのあらゆる場所にあり、傷ができたり、骨折したりすると修復するために他の細胞と協力して、組織修復に重要な役割を果たします。非常に多様で重要な働きをしますが、その性質は場所によって異なり、その場所に応じた形に変化する特質は、様々な再生医療での可能性の拡大が期待されています。

線維芽細胞と肌の関係

線維芽細胞はからだのあらゆる場所で重要な働きをしますが、それは美容の面においても同じことが言えます。なぜなら肌の真皮にある線維芽細胞がコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を生み出しているからです。また、言い換えればこれらを生み出せるのは線維芽細胞だけなのです。どんどん減っていくコラーゲンやヒアルロン酸ですが、線維芽細胞が次々に新しくコラーゲンやヒアルロン酸を生み出すことができれば、減っていくのも怖くありません。

しかし、残念ながら線維芽細胞も加齢とともにダメージを受けたり、数を減らしたりします。コラーゲンなどの重要な成分が減るだけでなく、それらを生み出す細胞自体も減ってしまうので、シワやたるみを招き、肌の老化が加速してしまうのです。

線維芽細胞を増やしたい

線維芽細胞と肌の若さには大きな関係があることはわかっても、ではどうしたら線維芽細胞を増やすことができるのでしょう。線維芽細胞が低下してしまう原因は加齢以外も、紫外線や、ストレス、喫煙、生活習慣が悪いことなど様々です。加齢以外は多少なりとも改善することができるので、紫外線対策をして、適度な運動・睡眠、そして上手にストレスと付き合っていくことが大切です。もちろん、食事の内容も重要です。ファストフードやスナックはとりすぎないよう、栄養バランスの取れた食事を心がける、ここまで注意を払ったら多少の増加は望めます。線維芽細胞にアプローチする化粧品も販売され、美容医療では線維芽細胞を刺激するレーザー治療も行われてきました。しかし、線維芽細胞の増加を具体的に実感するのは難しいことです。

線維芽細胞療法

そんな中、再生美容では線維芽細胞を移植して再び活性化させる、線維芽細胞療法が行われるようになりました。自身の肌から線維芽細胞を取り出し、(紫外線の影響を受けにくいため、線維芽細胞が活発な耳の後ろの皮膚を採取)専用のセンターで培養後、肌の気になる箇所に注射で移植します。移植された線維芽細胞が再びコラーゲンやヒアルロン酸を作り出す、自分の細胞で若々しい肌を手に入れられる治療法です。
自分の細胞を利用するメリットは、アレルギーや副作用といった心配を減らせることはもちろん、ゆっくりと、ごく自然に、そして長期間にわたり効果を実感できることです。その上、1度採取した細胞は専用の施設で保管しておくことができ、効果が薄れてきたと感じる数年後には再び注入することもできます。望む限り半永久的に何度も肌の若返りが叶います。

今までのところ幹細胞を増殖(培養)し、肌の機能を改善させられる方法は他の治療方法にはありません。
年々減少、元気が無くなる幹細胞を若く元気な幹細胞で補充する事によって、画期的な若返り、アンチエイジング効果を見事に得る事ができるのです。

 

再生美容は認可されたクリニックのみで施術可能

線維芽細胞療法以外にも、自身の血液から成長因子が含まれる血小板のみを取り出すPRP療法など、再生美容は今までになかった美容医療として注目を集めています。しかし、まだ新しいこの療法、専門の培養施設も必要で、受けられるクリニックは限られています。
その上、厚生労働省で認可を受けたクリニックのみでしか施術することはできません。この治療法に興味を持ったら、受けたいクリニックが認可を受けたクリニックであるか確認することは必須です。

線維芽細胞のことを知れば知るほど、どれだけ素晴らしい細胞か、若さを望む女性にとってどれだけ手に入れたい細胞なのかがわかるのではないでしょうか。

年齢を止めておくことはできませんが、今や肌の老化は食い止めることも可能になりました。興味を持ったらまずは一度クリニックでカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

1、再生医療第二種
自家培養真皮繊維芽細胞移植術 厚生労働省受理
2、再生医療第三種
PRP(多血小板血漿)を用いた皮膚の再生を目的とした再生医療
♬フォーシーズンズ美容皮膚科クリニック
兵庫県神戸市中央区加納町6ー6ー1
金沢三宮ビル8階
TEL: 0120-378-887
Mail: info@four-seasons.jp
HP:https://four-seasons.jp/

 

 

#フォーシーズンズ美容皮膚科#神戸#三宮#大阪#東京#美容外科#美容整形#脱毛#医療脱毛#シミ#肌再生#PRP療法#幹細胞#ニキビ跡#輪郭形成#シワ#たるみ#クマ#法令線#毛穴#シミ#レーザー脱毛#prp皮膚再生療法#prp皮膚再生医療#prp毛穴#prp皮膚再生療法ニキビ跡#若返り#アンチエイジング#肌再生prp#ニキビ跡#輪郭形成#小顔整形#ほうれい線改善#目の下のクマ#肌再生#二重アゴ#たるみ改善#たるみ治療#毛穴治療#毛穴改善#毛穴#プレミアムPRP再生療法#ボトックス注射#ヒアルロン酸