切らない痩身術で太もも痩せ

太ももをコンプレックスに感じる女性は、
ほっそりした太ももになりたいと思うのものです。

しかし、痩せるのが難しい部分なのです。
脂肪吸引という方法もありますが、
痛み、ダウンタイムが長いというデメリットがネックとなります。

そこでご紹介したいのが
「脂肪溶解注射」です!

コンプレックスとなっている太もも

悩んでいるのに痩せられない
頑張ってダイエットしても効果が現れない
できるだけ楽に細くしたい
太ももだけを細くしたい
セルライトが気になる

という人におススメの治療法です!

 

脂肪溶解注射とは?


脂肪層に脂肪を溶かす溶液を直接注射をして脂肪細胞を減らす治療です。痩せたい部分に直接注射することで、部分痩せが可能です。脂肪細胞の数を減らすので、リバウンドの心配もなく、低リスクな治療法です。

 

メソセラピーとは?


メソセラピーは、1952年にフランスの医師、Dr. Michel Pistorにより開発された注入技術のことです。 1987年にはフランス医療学会がメソセラピーを伝統的医学に付随する治療法とみなし、 大学医学部に導入を行いました。 現在、メソセラピーは学位として授与されています。

メソとはメゾダームすなわち中胚葉をあらわし、セラピーは治療という意味。薬剤をピンポイントで皮下に注入していくことで血流やリンパの流れ、 免疫システムを向上させ、蓄積された脂肪を溶解。 繊維および結合組織を除去し、滞っている生理機能をスムーズに改善させるのです。 脂肪溶解注射はメソセラピーの中でも部分痩せに特化した手技と言えます

 

脂肪溶解注射を受けるとリバウンドしにくくなる


ダイエットでは、脂肪細胞を小さくすること可能ですが、なくすことはできません。そのため高カロリーな食事や運動不足によって脂肪細胞はまた大きくなってしまうことがあります。

しかし、脂肪溶解注射による痩身だとリバウンドしにくくなります。その理由は簡単。脂肪溶解注射なら脂肪細胞そのものの数が減らせるため、リバウンドしにくくなるのです。

もちろん、残った脂肪細胞が大きくなってリバウンドすることはあるので、脂肪溶解注射後も適切な食事管理と運動を行うことが大切です。

 

 

症例写真

ビフォー               アフター

詳細は、https://four-seasons.jp/botox/